森林ゾーンニング

森林ゾーニング」により  山林補助制度が変わります。
森林・林業基本法が改正され、森林の管理を効果的・効率的に行うため、重視する森林の機能によって森林を区分(ゾーニング)することになりました。
これに伴い、山林施業に対する補助制度が山林の場所によって変わります。
 

1.森林ゾーニングとは


三重県では、県内の民有林を地域の森林の利用実態を踏まえて、「環境林」と「生産林」にゾーニングすることになりました。
現在は、森林簿のデータから仮に三重県がゾーニングしましたが、今後、所有者の皆さんと市町村との協議の上、機能及び実態に応じたより良い区分に変更していきたいと思います。
環境林:森林の公益的機能を重視し、多様な樹種・植生の森林を目標とします。
生産林木材生産を重視し、持続的に生産を行う森林です

2.実施できる事業

   今までとは異なり、ゾーニングされた「環境林」と「生産林」で実施できる
事業が変わることになります。
( 1)環境林 :三重県事業の「森林環境創造事業」を行います。
従来の造林・間伐補助金は受けることが出来ません。
( 2)生産林 :今まで同様の造林・間伐補助事業を受けることが出来ます。
( 3)治山(保育)治山(保育)事業や緑資源機構造林は、ゾーニングに関わらず今までどおりに行われます。


3.森林環境創造事業とは

森林環境創造事業とは、「環境林」に指定された森林の所有者の方々から申請された森林を、水源涵養等の公益的機能の発揮を目指すための新たな公共事業です。
 施業種目 : 間伐・広葉樹の植栽
(事業費の全額を県費と市町村費で負担し自己負担は必要ありません。)

 事業内容
事業主体が、森林所有者と管理委託を行い、環境林整備計画を作成し、計画に基づく作業に対し、助成します。
 対象  :環境林に区分された森林で、環境林整備計画を立てた森林。
②  事業主体:認定林業事業体
     ( 同事業主体は、20年1期の「環境林整備計画」を作成)
③  森林制約:森林所有者は、事業主体へ管理委託。
森林管理契約した日から20年間皆伐禁止。
計画対象森林は、混交林化
④ 助成額 :標準事業費の100%助成(県80%、市町村20%)
⑤ その他 :管理計画は、目的とする森林となるまで更新可能とします。